負傷欠場していたグロースクロイツ(中央左)が仲間たちをねぎらう
負傷欠場していたグロースクロイツ(中央左)が仲間たちをねぎらう
ブンデスリーガ

ドルトムントのグロースクロイツ

ドルトムントは23日、ケビン・グロースクロイツが6週間のリハビリを終え、初めてチーム練習に合流したと伝えた。グロースクロイツは、2月初旬のアウクスブルグ戦で負傷。筋断裂と診断され、欠場が続いていた。