先週開催されたブンデスリーガで内田(右)と細貝(左)はリーグ100試合出場を達成した
先週開催されたブンデスリーガで内田(右)と細貝(左)はリーグ100試合出場を達成した
ブンデスリーガ

リーグ戦100試合出場

先週、新たに日本人2選手が記録を達成した。

シャルケに所属するが2月3日のブンデスリーガ第19節で、そしてヘルタ・ベルリンのが7日の第20節に、それぞれ同リーグ100試合出場の節目を迎えた。内田はシャルケに加入した2010/11シーズンの第1節ハンブルガーSV戦で初出場を飾り、アウクスブルクに所属していた細貝はその翌シーズンの第2節カイザースラウテルン戦でデビューしている。(ブンデスリーガ2部でのデビューは2010/11シーズンの第23節1860ミュンヘン戦)

ここまで日本人最多出場は234試合の奥寺康彦氏となっており、これに続くのはアイントラハト・フランクフルトので169試合。第3位には高原直泰(135試合)、そして第4位には今シーズン第4節で100試合出場を達成したマインツのがランクインしている(114試合)。

現在の出場数を見ると、その他の日本人選手で今季中に100試合に届く者はいないが、ハノーファーのやシュトゥットガルトのなど5選手が、来季のうちに大台に乗る可能性がある。内田と細貝に続いて日本人歴代7番目の100試合出場となるのは、果たしてどの選手なのだろうか?

※2014/15シーズン第20節終了時点での出場試合数は以下の通り。