ラピド・ウィーンと強化試合を行ったシャルケは1-2で敗れた
ラピド・ウィーンと強化試合を行ったシャルケは1-2で敗れた
ブンデスリーガ

日本人所属クラブが強化試合

ブンデスリーガ後半戦開幕まで6日となった1月24日、下記の日本人選手所属クラブがそれぞれ強化試合を行った。

シャルケ 1-2 ラピド・ウィーン

内田篤人

のシャルケはラピド・ウィーン(オーストリア)との強化試合で、27分にフクスが先制ゴールを決めたが、48分、82分に失点し逆転負けした。内田はフル出場した。

ドルトムント 1-1 デュッセルドルフ

香川真司

丸岡満

のドルトムントは

デュッセルドルフ

と引き分けた。どちらも得点を生み出せないまま試合は進むが、ドルトムントは40分に先制を許す。0-1で迎えた後半はポスト直撃などの不運に見舞われ、なかなか同点弾を挙げられない。80分にPKでようやく追いつくが、ここからさらに勝ち越しゴールを決めることはできなかった。なお、この試合では、太もも筋束断裂のため約6週間離脱していたMFミキタリヤンが実戦復帰を果たした。

ケルン 3-0 ウィースバーデン

大迫勇也

長澤和輝

が所属するケルンは、SVウェーエン・ウィースバーデン(3部)を3-0で下した。大迫は前半組で、長澤は後半組でそれぞれ出場した。雪の積もるピッチで開始直後から好機を作り出すケルンは27分、ペシュコが先制弾を決める。57分、74分にも追加点を挙げると試合が決まった。

アイントラハト・フランクフルト 3-4 セルベット

長谷部誠

乾貴士

のフランクフルトはセルベットFC(スイス)と土砂降りの中、後半戦開始前最後の強化試合を行った。25分に先制を許すと直後にも失点するが、40分、44分にセフェロビッチの連続ゴールで追いつき、同点で後半を迎える。54分にはアイクナーが決めて逆転に成功するも、この後2失点を喫して1点差での敗戦となった。なお、長谷部、乾の両選手は日本代表としてアジアカップに参戦したため、この試合には出場していない。

ハノーファー 2-3 ブレーメン

酒井宏樹

清武弘嗣

が所属するハノーファーは

ブレーメン

とのテストマッチに臨んだ。開始7分で先制されたハノーファーだったが、13分にビッテンクールトが同点ゴールを決めて1-1で折り返し、52分にはホセルが逆転ゴール。しかし56分にPKで追いつかれ、78分に追加点を奪われると黒星を喫した。右SBで先発した酒井は、後半終盤に交代している。