酒井高徳

が所属する

シュトゥットガルト

は1月22日、合宿地ラゴスでポルトガル2部のスポルティング・ファレンセと練習試合を行い、1ー1の引き分けに終わった。 序盤からFWイビシェビッチ、MFコスティッチらを中心に攻撃を組み立て、試合を優勢に進めたシュトゥットガルトは35分、そのコスティッチが素晴らしい個人技を見せ先制点を奪う。相手にはほとんどチャンスを作らせなかったが、61分に同点弾を決められてしまい、1−1のまま試合は終了した。