右SBピシュチェク(右から二人目)は58分までプレーした((c) Imago)
右SBピシュチェク(右から二人目)は58分までプレーした((c) Imago)
ブンデスリーガ

ドルトムント、敗戦

リバプールに0-4

ドルトムント

は8月10日、リバプール(イングランド)での強化試合で0-4で敗れた。 試合序盤から速いテンポで相手に攻め込まれ、自分たちのペースをつかめないまま10分と14分に立て続けに失点する。20分が過ぎてからなんとかペースを取り戻したが、なかなか攻撃の打開策を見つけられない。後半スタートから3選手を交代し4−1−4−1から4−4−2に変えて反撃を試みる。しかし48分と61分にも失点を喫すると、大きなチャンスもないまま敗戦となった。 4失点した直後の様子