ブンデスリーガ

シーズンオープニング

バイエルンとドルトムント、それぞれ本拠でイベント

リーグ開幕を2週間後に控える

バイエルン

ドルトムント

が8月9日、ファンとともにシーズンオープニングセレモニーを行った。 本拠アリアンツ・アレーナに集まった65,500人のファンから大声援を浴びたのは、昨季王者バイエルン。主将フィリップ・ラームは「これからの何週間、そして何カ月もみんなを喜ばせられるよう、そして最後にはまたいくつかのトロフィーをここに置けることを願ってるよ」とファンにメッセージを送った。

一方、奪還を狙うドルトムントは10時にファンフェスタを開始。夕方からは本拠地ジグナル・イドゥナ・パークにチームが顔をそろえた。