練習中に笑顔を見せる清武と酒井(©Imago)
練習中に笑顔を見せる清武と酒井(©Imago)
ブンデスリーガ

ハノーファー合宿終了

ハンブルガーSVも合宿地オーストリアから帰国

清武弘嗣

酒井宏樹

が所属する

ハノーファー

は8月5日、バート・ラートカースブルク(オーストリア)での合宿を終えドイツに帰国した。合宿ではレッドスター・ベオグラード(セルビア)、チャクバールTK(ハンガリー)、アクヒサル(トルコ)、アル・アハリ(カタール)との強化試合を行い、2勝2分。まずまずの結果を残した。この日は帰国早々にトレーニングに臨み、フォーメーションの確認などを行った。 ハノーファーは帰国早々、練習を行った

また同日、

ハンブルガーSV

も、3次合宿地シュテーガースバッハ(スイス)から帰国。期間中にシュトゥルム・グラーツ(オーストリア)、アクヒサル(トルコ)と強化試合を行い、ともに2ー0で勝利するなど収穫の多い8日間となった。ミルコ・スロムカ監督も「チーム内の競争はより激しくなっている。選手たちはポジションを奪うため、今一度努力しないといけない。でも彼らは本当によくやってくれている」と確かな手応えを感じているようだった。