今季からハノーファーに移籍した清武はこの日の強化試合にフル出場、PKを決めるなどの活躍を見せた((c) Imago)
今季からハノーファーに移籍した清武はこの日の強化試合にフル出場、PKを決めるなどの活躍を見せた((c) Imago)
ブンデスリーガ

ハノーファー快勝

強化試合、ドルトムントも圧勝

清武、PK決める

酒井宏樹

と清武弘嗣の

ハノーファー

は8月3日、合宿地でアル・アハリ(カタール)との強化試合を行い、6-2で快勝した。清武はフル出場した。酒井は出場しなかった。 試合開始からうまく攻撃のリズムを作れたハノーファーは18分には相手のファウルを誘い、PKを獲得する。ここはシュラウドラフがきっちりと得点し、先制する。しかし33分には相手にPKを与えてしまい、同点とされる。後半は持ち直し、47分、50分と続けてカラマンが追加点を奪うと、55分には再びシュラウドラフがゴールを決めて4-1と試合を決定づけた。さらには72分のPKのチャンスに清武が落ち着いて決めて5-1とする。82分にシュラウドラフがこの日3得点目を決めて6-1と大差がつく。試合終了間際の88分に失点するも、6-2での快勝となった。 試合前の様子

オバメヤン、池など3選手が2得点

ドルトムント

も合宿地でFCラッパースウィール(スイス)と強化試合を行い、オバメヤンや池などの活躍で10-0と圧勝した。 9点目のPKの様子