清武(右)は右MFで先発し73分までプレー(©Imago)
清武(右)は右MFで先発し73分までプレー(©Imago)
ブンデスリーガ

ハノーファー引き分け

チャークバール戦で清武先発、酒井は欠場

酒井宏樹

と清武弘嗣が所属する

ハノーファー

は7月30日、チャークバールTK(ハンガリー)との強化試合に1-1で引き分けた。清武は4-2-3-1の右MFで先発し73分までプレー、酒井を含む主力はこの日はメンバー入りしなかった。 最初の好機は17分、ハノーファーMFシュラウドラフが迎えるが、シュートはポスト直撃に阻まれる。33分にはPKを獲得するも、シュラウドラフが蹴ったボールは大きくゴールを越えていき、絶好の先制機を逃す。0-0で折り返すと68分、ファウルで与えたPKを決められリードを許した。しかし79分、シュラウドラフがようやくゴールを決めて同点に追いつくと、そのまま引き分けに持ち込んだ。 試合会場へ到着した清武(左)らハノーファーイレブン