ヘタフェとの強化試合で1-2

DF

酒井高徳

が所属する

シュトゥットガルト

は7月29日、ヘタフェ(スペイン)と強化試合を行い、1-2で逆転負けを喫した。酒井はフル出場した。 15分、シュトゥットガルトはMFディダビが距離のあるFKを直接決めて先制する。その後も26分、29分、32分、44分とチャンスを作るが、追加点を奪えない。1-0で前半を折り返すと、後半からは5選手を入れ替える。61分にはヘタフェの鋭いシュートが飛んだが、GKウルライヒが指先ではじき、ボールはポストに当たる。64分にも危ない場面を迎えると、82分についに同点とされた。7分後には逆転弾を決められ、に試合は直後に終了。1-2で逆転負けとなった。 2,200人の観客を集めたスタジアムで選手が入場(白いユニフォームがシュトゥットガルト)

試合後、サインと写真撮影に応じる酒井(右上の写真)らシュトゥットガルトイレブン