ドゥット監督「結束が非常に高まった」

ブレーメン

は7月28日、オーストリアのツェル・アム・ツィラーでの10日間の合宿を終了した。 ドゥット監督は「計画していた練習プログラムをすべてこなせた。戦術面、体力面ともに大きなステップを一歩踏み出せたし、チームの結束も非常に高まった。くたくたに疲れている選手も数人いるが、この合宿ではいろいろな点で成果を挙げることができた」と満足げに総括した。 宿泊先ホテルから専用バスでミュンヘン空港へ向かう選手たち

ブレーメン空港で預け入れ荷物を待つ選手たち