チームはFSVフランクフルトを4−1で下す

酒井宏樹

が所属する

ハノーファー

は7月22日、

FSVフランクフルト

と強化試合を行い、4-1で勝った。酒井宏樹は前半の45分間出場し、1アシストを記録した。 ハノーファーが移動に使った列車が遅れたため、試合は開始予定時刻からおよそ70分遅れで始まった。ハノーファーは12分、MFプリプのセンタリングからDFシュルツがヘディングで先制する。しかし4分後、コンラッドにあっさりと同点弾を決められた。26分に今度はハノーファーのMFプリプがこぼれ球をゴールへ押し込み、再び勝ち越しに成功。38分には酒井の素晴らしいクロスが入り、MFシュティンドルが軽く頭で合わせて追加点、3-1で前半を折り返した。後半はどちらも大きなゴールチャンスはなく進み、そのまま試合終了かと思われたが、89分、FWシュラウドラウフのゴールでハノーファーは1点を追加。4-1で勝利した。 両チームメンバー表(右側ハノーファーの4番が酒井)