合宿中に2つの強化試合

内田篤人

が所属する

シャルケ

は7月21日、グラッサウでの合宿へ出発した。DF内田も参加している。 まだ全選手はそろっていないものの、ケラー監督は「練習施設は充実しているし、満足している」と語った。W杯覇者のドイツ代表DFベネディクト・ヘーベデスと同MFユリアン・ドラクスラー、さらに3位のオランダ代表FWクラースヤン・フンテラーの3名は現在まだ休暇中で、8月8日にチームへ合流する。 またDFパスカル・イッターとDFマーウィン・フリードリヒの2人は、現在開催中のU19ヨーロッパ選手権に出場しているため、今回の合宿には不参加。さらにMFジェファーソン・ファルファン(ひざの手術)とMFレロイ・ザネ(太ももの負傷)も、治療のため帯同していない。 前年は2度行った合宿を1度に減らしたことについて、ケラー監督は「準備期間の初めにもう1つ合宿を行っていたとしても、W杯参加者が不在のためチームの半分ほど集まらず、意味がなかった」と説明した。さらに「その代わり7月1日から練習に参加している選手たちとはクラブの練習場で重点的にトレーニングをこなすことができた。これまでの過程には満足している」と語った。 強化試合は7月23日にSBDJKローゼンハイム(5部)と、7月29日はストーク・シティ(イングランド)との計2試合が予定されている。

合宿、強化試合など7月27日までの見どころ

空港でチェックインする内田とアイハン

ザルツブルクへ向かい搭乗する選手たち