4部ワルトホーフ・マンハイムに2-5

日本代表MF

長谷部誠

とMF

乾貴士

が所属する

アイントラハト・フランクフルト

は7月17日、ワルトホーフ・マンハイム(4部)と強化試合を行い、2-5で敗戦した。MF長谷部はきょうからチームへ合流しているが、まだ練習には参加していないため出場しなかった。MF乾はフル出場したが、得点には絡まなかった。 フランクフルトにとって2試合目となる強化試合は、約2,000人のファンが見守る中始まった。12分、ワルトホーフ・マンハイムのミュラーに先制点を許すと3分後、またもや失点を重ねる。19分、乾がファウルを受けFKを獲得したフランクフルトだったが、MFマイヤーの蹴ったボールは右ポストに当たりゴールならず。40分にさらに追加点を挙げられると、0-3で折り返した。 後半開始から5分、フランクフルトはようやく1点を返す。MFルスからのパスをマイヤーが決める。しかし73分、再び失点を喫し1-4とリードを広げられた。PKのチャンスを得た75分、マイヤーが冷静に決めて2点差に迫るが、終了間際にも得点を許し、2-5で敗れた。 試合前のウォーミングアップへ向かう選手たち

約2,000人の観客が詰めかけた中、試合は始まった