第2次合宿終了

ハンブルガーSV

は7月11日、1週間の中国遠征を終え、無事ハンブルク空港に到着した。 スロムカ監督は今回の中国遠征を終え、次のようなコメントを残している。 「今回のような、気候、習慣、文化そして環境の違う中での旅行の経験はチームにとって特別な良い経験になった。ここでは素晴らしい歓迎を受けることができた。スタジアムでのトレーニングもとてもいい条件で行えた。大きなけが人が出なかったこともポジティブだ。最初の強化試合では慣れない気候で苦しんだ部分があった。2試合目はだいぶ良くなった。特に最初の相手はアジアCLのチャンピオンでもあり、うちは全力を挙げなければならなかった。選手全員がプレーして、大事な経験になった。2試合目は1試合目よりずっと良くなって、勝ったのも妥当だった。来週は休みになるが、その前に勝てたのもポジティブだ。来週の休みも意味がある。選手には一日に一度は激しいスポーツをするという課題が出されている。バスケットボールでもテニスでも何でも良いが、持久力を鍛えるトレーニングはせずに、アクティブなままで過ごすこと。何をどれくらいやったかを書き留めることも課題のうち」 ドイツへ向け合宿地を出発するチームの一行