HSK選抜との強化試合で7-0

日本代表DF

内田篤人

が所属する

シャルケ

は7月10日、HSK選抜と強化試合を行い、7-0で快勝した。試合は落雷のため、76分で続行不可能となった。W杯に参加した内田は、まだチームに合流していない。 シャルケは2分、MFサムからのパスを受けたMFマイヤーのゴールで先制すると、19分にもサムが右サイドを切り裂き、ゴールライン手前からの絶妙な横パスでFWオバジの追加点をアシスト。24分にはMFヘーガーが個人技で相手2人を抜き、GKエールマンと1対1の状況からゴール左へ蹴り込んだ。この10分後、オバジのボール奪取からMFヘーガーがゴールを決め、前半を4-0で折り返す。 後半もシャルケの攻撃は続き、55分にFWオバジがドリブル突破からチャンスを作ると、ラストパスをマイヤーがゴールライン手前1mから押し込んだ。65分にはFWアブディジャイの反転しながら放ったシュートが、クロスバーの下を叩いてゴールに吸い込まれる。チーム7点目となるこの試合最後のゴールも、アブディジャイが75分に決めた。この直後に落雷が激しくなったことで、主審は試合中止を決断。76分間の試合でシャルケは7-0の勝利を収めた。 選手たちの入場シーン