チームは4-0で快勝

日本代表FW

大迫勇也

とMF

長澤和輝

が所属する

ケルン

は7月8日、初の強化試合としてAVITA選抜と対戦し、4-0で勝利を収めた。シュテーガー監督は30分ごとに計2回選手を大きく入れ替え、長澤は最後の30分間に出場した。W杯に出場した大迫はまだチームへ合流していない。 開始2分、ケルンのMFペシュコからのパスをFWウジャーが決め、早くも先制点。その後もケルンは、数多いチャンスを作るが決めきれない。30分には3人のDF以外、8人の選手を入れ替える。43分、MFハルファーが追加点を挙げ、2-0。後半に入り49分、DFヘクターがペナルティエリア手前でFWヘルメスへ渡し、ヘルメスのシュートが決まって3-0とリードが広がる。60分過ぎ、MF長澤を含む新たな11人がピッチへと送り込まれた。79分、FWツォラーのシュートがゴール左下に決まり4-0。約1000人の観客から声援を受ける中で、4-0での勝利となった。 23分、ケルンのMFワレンボルンのゴール枠を捉えたシュートは、AVITA選抜のGKに止められる

ケルンのFWヘルメスのシュートは、再びGKに阻止される