SKVロートワイスダルムシュタットとの強化試合で5−1

日本代表FW

岡崎慎司

が所属する

マインツ

は7月5日、SKVロートワイスダルムシュタット(5部)と強化試合を行い、5−1で快勝した。W杯に参加した岡崎は、まだチームに合流していない。 マインツは前半に先制され、0−1で折り返した。ヒュルマンド新監督はハーフタイムに選手を10人入れ替える。後半開始から間もない48分、DFブンガートが胸で押し込み同点とする。67分にはFWシャヒンの技ありのシュートで逆転に成功。続く72分、PKをFWポルターが冷静に決めて3−1とリードを広げる。78分に2本目のPKの機会を迎えると、シャヒンが決めて4−1。80分にポルターがダメ押しとなる5点目を挙げ、1000人の観客が詰めかけた強化試合は、マインツの快勝で終了した。 新加入のブロジンスキ(18番)は、右SBとして初先発した