開幕でつまずいたシャルケは、ボアテング、アオゴの加入直後に強豪レーバークーゼンを下した。不調脱却か
開幕でつまずいたシャルケは、ボアテング、アオゴの加入直後に強豪レーバークーゼンを下した。不調脱却か
ブンデスリーガ

復調の兆し、内田のシャルケ

ブンデスリーガ18チームの1カ月を分析(2)

【ミュンヘン発・bundesliga.de編集部】 新シーズン開幕から1カ月が経過し、すでにいくつかの傾向が出てきている。驚いたことに首位はグアルディオラ新監督のバイエルンではなく、奪還を狙うクロップ監督のドルトムントだ。マインツとヘルタはサプライズチームとして上位に、その一方でシャルケやハンブルガーSVなどの強豪は下位に甘んじている状態だ。bundesliga.deは、この1カ月間で何が良かったのか、何を改善すべきかについて、第1部では1位から9位のチームを、この第2部では10位から18位のチームをそれぞれ分析した。

第1部はこちらから

ポジティブ: サイドからの攻撃が好調ですでにクロス79本が上がっている。打たれたシュート数はバイエルンに次いで少ない34本だ。
ネガティブ: 初めは攻撃がうまくいかず、第3節でやっと今季初ゴールが生まれた。

ポジティブ: ホッフェンハイムは、セットプレーからのゴールを除いた得点が10でリーグ最高。
ネガティブ: 守備が不安定で、12失点はリーグ最多。

ポジティブ: セットプレーが強みで、シュート26本を放っている。
ネガティブ: プレスが甘く、まだボール奪取からのゴールがない。

ポジティブ: シャルケの守備陣はまだスルーパスで作られたチャンスからの失点がない。
ネガティブ: FWの放ったシュートが8本とリーグ最低。

ポジティブ: 相手チームのFWを効果的に封じ、得点を許していない。
ネガティブ: ペナルティエリア外からの得点がない。

ポジティブ: セットプレーからの失点がない。
ネガティブ: カウンターから放ったシュートが2本とリーグ最低。切り替えの遅さが課題だ。

ポジティブ: セットプレーからの3得点はリーグ最多。
ネガティブ: 中盤の攻撃参加が弱く、シュート11本はリーグで下から2番目。

ポジティブ: オフサイドトラップの精度が高く、すでに14回成功している。
ネガティブ: ペナルティエリア内でシュート57本を許し、常に失点と隣り合わせの状態だ。

ポジティブ: 相手ボール時に競り合いに行った回数がリーグ最多。
ネガティブ: パスミスが多く、ミス率31.4%はリーグ最高。