質の高いパフォーマンスでドルトムントの攻撃をけん引しているプリシッチ - © © imago / Revierfoto
質の高いパフォーマンスでドルトムントの攻撃をけん引しているプリシッチ - © © imago / Revierfoto
ブンデスリーガ

高まるプリシッチの存在感

ドルトムントのサポーターはウスマン・デンベレのバルセロナへの移籍を嘆いていることだろう。だが、ジグナル・イドゥナ・パークにはその穴を埋めようと開幕から好調なパフォーマンスを見せている若者がいる。18歳のアメリカ代表アタッカー、クリスティアン・プリシッチだ。

プリシッチは8月5日に行われたバイエルン・ミュンヘンとのドイツ・スーパーカップで先制点を叩き出すと、ウォルフスブルクとのブンデスリーガ開幕戦でも1ゴール1アシストを記録してマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。今季のプリシッチには大きな飛躍が期待されていたが、ここまではペーター・ボス監督とサポーターの期待に十分に応えていると言える。

プリシッチの持ち味はゴールとアシストだけにとどまらない。ウォルフスブルク戦ではエースのピエールエメリック・オバメヤンと同じスプリント回数と、チームで4番目の走行距離を記録した。特筆すべきは昨季の個人データだ。大ブレイクを遂げたデンベレの陰に隠れがちだったが、アシスト数とドリブル回数はいずれもデンベレに次ぐチーム2位。つまり、プリシッチはデンベレが抜けた穴を埋められるだけのポテンシャルを備えているのだ。

- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Action Imagery