Summary

・ブンデスリーガ第27節、ドルトムント対ハンブルク

・香川が今季初ゴール、オバメヤンのダメ押し弾もアシスト

・酒井はボランチでフル出場

4月4日、ブンデスリーガ第27節初日が開催され、香川真司が所属するドルトムントは本拠地で酒井高徳のハンブルガーSVと対戦し、3ー0で勝利した。香川と酒井はともにフル出場し、香川はチームの全得点に絡む1ゴール1アシストの成績だった。

ドルトムント 3ー0 ハンブルク

最初に決定機を作ったのはドルトムントだった。5分、最終ラインから裏へ送ったロングボールにオバメヤンが反応。ペナルティーエリア左でGKアードラーと1対1になりシュートを放ったが、これはアードラーがブロックしている。

その5分後、今度はハンブルクのストライカー、ウッドがドルトムント最終ラインを突破し、ビュルキと1対1になる場面を迎えるも、ビュルキが渾身のセーブを見せた。

すると13分、香川が倒され、左の高い位置でFKを獲得したドルトムントは、カストロがファーサイド側のネットへ直接蹴り込み、先制点を奪うことに成功する。

さらに27分、香川とのワンツーで抜けたオバメヤンが再びGKと1対1となるが、しかしこれもアードラーが顔面でブロックし、ピンチを防いだ。

© imago

後半にまずチャンスを迎えたのは、またしてもドルトムント。50分、左のデンベレがファーサイドに送ったセンタリングを、オバメヤンがヘディングで折り返す。香川が競った空中戦のこぼれ球を、ゴール至近距離のゲレイロが押し込むが、アードラーが手足をめいっぱい伸ばしブロックした。

さらに58分、ペナルティーエリア左へデンベレがドリブルで進入。フェイントでディクーマイヤーをかわし、中へ切り返してシュートを放つも、かろうじてエクダルが防いでいる。

ハンブルクも64分、ドルトムント守備陣がもたつく間にウッドがゴール右から、そしてその1分後にはディークマイヤーのセンタリングからコスティッチがボレーシュートでそれぞれ狙ったが、いずれも枠を捉えることはできなかった。

ドルトムントは守勢にまわる時間をなんとか耐え抜くと、81分にオバメヤンが左サイドを突破。そこからのグラウンダーセンタリングに、ゴール前で香川がきっちりと右足を合わせ、追加点を奪うことに成功する。

さらにロスタイム2分にも、香川がロングボールでオバメヤンを走らせ、ドルトムントが3点目を決めたところで試合は終了。ドルトムントが2試合ぶりの白星を獲得した一方、ハンブルクは5試合ぶりの敗戦となった。

© gettyimages / Christof Koepsel

【得点】

ドルトムント:カストロ(13分)、香川(81分)、オバメヤン(90+2分)
ハンブルク:なし

【ラインナップ】

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、ギンター、バルトラ、ゲレイロ(78分 パスラック);ワイグル(78分 シャヒン)、カストロ;デンベレ、香川、モル(60分 プリシッチ);オバメヤン

ハンブルガーSV(4ー2ー3ー1)
アードラー;ディークマイヤー、エクダル(83分 ヤニチッチ)、マブライ、オスチョレク;ワラシ、酒井;グレゴリッチ(60分 ハント)、ホルトビー、コスティッチ;ウッド(84分 ラソッガ)