Summary

・CL準々決勝1stレグ、ドルトムント対モナコ

・ミスが絡み、ドルトムントが2ー3で惜敗

・フル出場の香川は1ゴール1アシストの活躍

4月11日、欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグが行われ、香川真司が所属するドルトムントは本拠地でモナコ(フランス)と対戦し、2ー3で敗れた。フル出場の香川は1得点1アシストを記録している。

ドルトムント 2ー3 モナコ

立ち上がりからドルトムントがボールを保持するものの、モナコも高い個人技から鋭いカウンターを繰り出す展開となる。

ドルトムントは11分、ピシュチェクが前線にスルーパスを送り、ペナルティーエリア右に走り込んだオバメヤンがGKの手前でシュートを放ったが、ボールはクロスバーの上を越えてしまった。

モナコも12分、右からクロスを放り込むと、ゴール前のレマルが頭で合わせる。しかしこれも枠の上へ外れてしまう。

するとその4分後、ソクラティスがペナルティーエリア内でムバッペを倒してしまい、モナコにPKが与えられる。

しかし17分のこのPKは、ファビーニョが左ポストの外に蹴ってしまい、ドルトムントは難を逃れた。

ピンチを脱出したかに思えたドルトムントだったが、落とし穴が待っていた。19分、右からのクロスボールをクリアされると、モナコがカウンター攻撃。シウバが自らバイタルエリアまで運び、左のレマルに預けると、最後はゴール前のムバッペが押し込み、モナコに先制点を奪われてしまう。

さらに35分、ラッジが左からあげたクロスをクリアしようと、ベンダーがダイビングヘッド。するとボールはそのまま自陣ゴールへ吸い込まれ、オウンゴールという不運な形でモナコに2点目を許してしまった。

© gettyimages / Dean Mouhtaropoulos

後半開始からシュメルツァーとベンダーを下げ、プリシッチとシャヒンを投入したドルトムント。すると序盤は主導権を握り、モナコゴールへ迫る機会が増加する。

57分、左からゲレイロがセンタリングを入れると、中央のオバメヤンがダイレクトで落とし、香川が抜け出す。飛び出してきたGKを見るや、香川は中央に横パスを出し、最後はデンベレがゴールを決め、ドルトムントが1点差に迫った。

その後、試合はやや停滞感が漂うようになったが、79分、ワイグルが後ろに戻し、ピシュチェクがソクラティスに預けた横パスをムバッペに奪われる。そのままゴール前に運んだムバッペが、ビュルキとの1対1を冷静に沈め、モナコのリードは再び2点に広がった。

しかしスコアはまだ動きを見せる。84分、右からシャヒンが送ったセンタリングを、ニアサイドで受けた香川がDFをかわしてシュートを決め、ドルトムントは再び1点差に迫る。

そしてこのまま試合は終了。ドルトムントは本拠地でのファーストレグを2ー3で落とし、4強進出へ黄信号が灯っている。

© gettyimages / Maja Hitij

【得点】

ドルトムント:デンベレ(57分)、香川(84分)
モナコ:ムバッペ(19分、79分)、オウンゴール(35分)

【ラインナップ】

ドルトムント(3ー1ー4ー2)
ビュルキ;ピシュチェク、ソクラティス、ベンダー(46分 シャヒン);ワイグル;ギンター、香川、ゲレイロ、シュメルツァー(46分 プリシッチ);オバメヤン、デンベレ

モナコ(4ー4ー2)
スバシッチ;トゥーレ、グリク、ジェメルソン、ラッジ;シウバ(66分 ディラル)、モウティーニョ、ファビーニョ、レマル;ファルカオ(85分 ジェルマン)、ムバッペ