第7節のアウクスブルク戦で日本人単独最多となるブンデスリーガ通算38ゴール目を決めた香川 - © © imago
第7節のアウクスブルク戦で日本人単独最多となるブンデスリーガ通算38ゴール目を決めた香川 - © © imago
ブンデスリーガ

香川真司、新記録樹立までの軌跡

ドルトムントの香川真司がこれ以上ない形でブンデスリーガの歴史にその名を刻んだ。9月30日に行われた第7節のアウクスブルク戦で、感性溢れるループシュートから決勝ゴールをマーク。ブンデスリーガ通算得点数を「38」に伸ばし、日本人歴代単独トップに躍り出た。

歴史を塗り替える華麗なループシュート

1ー1で迎えた23分、ペナルティーエリア内中央でアンドリー・ヤルモレンコの横パスを受けた香川は、一瞬ゴールに視線を向けてGKの位置を確認すると、エレガントな浮き球のシュートでゴールネットを揺らした。華麗なループシュートの前に相手GKのマービン・ヒッツはノーチャンス。観客もただただ目を丸くするだけだった。

キャプテンのソクラティスは「本当に見事なシュートだった」と称賛。シュートの軌道を卓球のジェスチャーで再現しながら「典型的なジャパニーズスタイルだったね」と笑った。夢心地のループシュートは技巧派の香川にとって得意技の一つ。一昨シーズンのシャルケとの“ルール・ダービー”でも同じようなポジションから先制点を決めている。

すぐにそのシーンを思い出したというゴンザロ・カストロは、「僕らは彼がどれだけの力を持っているか分かっている。だからこそ、ゴールが決まって良かった」とコメント。ペーター・ボス監督も「最初はあれがループシュートなのか、味方へのパスなのか分からなかったが、あれが彼のクオリティだ。狙ったことを思いどおりにできる」とそのテクニックを称賛した。

- © imago