Summary

  • 香川のドルトムントに負傷者
  • ヤルモレンコが足の腱を痛め数週間の離脱

香川真司が所属するドルトムントは1月30日、アンドリー・ヤルモレンコが負傷離脱することを発表した。

同クラブによると、ヤルモレンコは足の腱を痛めており、数週間戦列を離れることが決定したという。これにより、2月2日に行われるブンデスリーガ第21節、敵地ケルン戦の出場は不可能となった。

ヤルモレンコは昨年8月、2021年6月30日までの契約でディナモ・キエフ(ウクライナ)から完全移籍。ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)や欧州チャンピオンズリーグ(CL)を含めた公式戦24試合に出場し、計6ゴールの成績を収めている。