ブンデスリーガ

香川のルールダービー全ゴール

香川真司がドルトムントで、そしてドイツで一躍スターになったのは2010年9月19日、宿敵シャルケとの“ルールダービー”でいきなり2得点を挙げ、勝利に貢献してからだ。香川はこれまでシャルケ戦9試合に出場し、通算4ゴールを記録。この数字はウォルフスブルク、ブレーメンと並んで香川がブンデスリーガ1クラブから奪った最多得点であり、シャルケは香川が最も得意とする相手の一つだ。11月25日(土)に行われる10回目の決戦を前に、香川のルールダービーの全ゴールと活躍を振り返る。

【ドルトムント香川、シャルケ戦の得点】

2010/11シーズン第4節(アウェー)、2得点

2015/16シーズン第12節(ホーム)、1得点

2015/16シーズン第29節(アウェー)、1得点

2010年9月19日(2010/11シーズン、第4節)

シャルケ 1ー3 ドルトムント

前節のウォルフスブルク戦でブンデスリーガ初ゴールを決めた香川は初のルールダービーに挑んだ。19分、マリオ・ゲッツェからパスを受けると、相手DF陣をドリブルでかわし、GKマヌエル・ノイアー(現バイエルン・ミュンヘン)からダービー初ゴールを奪った。さらに58分、ヤクブ・ブワシュチコフスキ(現ウォルフスブルク)のクロスをダイレクトで押し込み、2得点目を挙げた。その後もロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン)の追加点で3ー1としたドルトムントは敵地で快勝。当時21歳の香川は“ルールダービーの英雄”となり、ドルトムント・サポーターの心をわしづかみにした。

- © gettyimages / Christof Koepsel
- © imago / Jan Huebner
- © imago / Moritz Müller