ソクラティスは第8節ライプツィヒ戦の47分にアイテキン主審からレッドカードを出されていた - © imago / Team 2
ソクラティスは第8節ライプツィヒ戦の47分にアイテキン主審からレッドカードを出されていた - © imago / Team 2
ブンデスリーガ

ドルトムントのソクラティス、第9節は出場停止

ドイツサッカー連盟(DFB)は10月16日、香川真司が所属するドルトムントのソクラティスに1試合の出場停止処分を言い渡した。

ソクラティスは14日に行われたブンデスリーガ第8節ライプツィヒ戦の47分、自陣ペナルティーエリア内でジャンケビン・オギュスタンを倒したことで、一発退場となっていた。これにより同選手は、第9節アイントラハト・フランクフルト戦の出場が不可能となった。