香川は絶妙なスルーパスでゲレイロの得点をアシスト。しかしチームは後半に追いつかれ1ー1のドローに終わった - © gettyimages / Maja Hitij
香川は絶妙なスルーパスでゲレイロの得点をアシスト。しかしチームは後半に追いつかれ1ー1のドローに終わった - © gettyimages / Maja Hitij

ドルトムントがアポエルとドロー、香川はアシストを記録

欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第4節が11月1日に行われ、香川真司が所属するドルトムントがホームでアポエル(キプロス)と1ー1で引き分けた。フル出場の香川は、チームの先制点をアシストした。 ドルトムント 1ー1 アポエル

序盤からホームのドルトムントが圧倒的なボール支配率を誇る。まずは2分、右からプリシッチとSBバルトラが立て続けにセンタリングを入れるも、中央で待つオバメヤンには合わない。

続く6分、プリシッチがペナルティーエリア右の手前から中央に横パスを送ると、香川がトラップミスをするも、後ろのゲッツェがこれを受け、右足を振り抜く。しかしボールに力がなく、GKにキャッチされた。

10分には、左を駆け上がったゲレイロがセンタリング。ゴールエリア右へ香川が飛び込み頭で合わせるが、しっかりとミートさせることができず、枠の外へ流れてしまった。

- © gettyimages

グループH 順位表(第4節終了時点)

- © gettyimages / Alex Grimm
- © gettyimages / Alex Grimm
- © gettyimages / Maja Hitij