Summary

  • ドルトムント香川、『コモン・ゴール』へ参加表明
  • マタが立ち上げた年俸の1%を寄付するという慈善活動
  • フメルスやナーゲルスマン監督に続き、ブンデスリーガで5人目

ドルトムントの香川真司は10月26日、マンチェスター・ユナイテッド時代のチームメイトであるフアン・マタが立ち上げた『コモン・ゴール』への参加を表明した。

『コモン・ゴール』は年俸の1%を寄付するという慈善活動で、ブンデスリーガではすでにバイエルン・ミュンヘンのマッツ・フメルスとホッフェンハイムユリアン・ナーゲルスマン監督、セルジュ・ニャブリ、シュトゥットガルトのデニス・アオゴが参加している。

香川は自身の公式ツイッターで「サッカーを通してたくさんの人々をサポートしていきたい」と話すとともに、「僕は日本からこの活動を広めていきたい」と『コモン・ゴール』の普及にも積極的に関わる姿勢を見せている。