Summary

  • CLグループステージ第1戦、ブルージュ対ドルトムント
  • プリシッチのラッキーゴールによりドルトムントが敵地で辛勝
  • 香川は今季公式戦初のベンチ入り、62分に途中出場

欧州チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1戦が9月18日に行われ、香川真司が所属するドルトムントは敵地でクラブ・ブルージュ(ベルギー)と対戦し、1ー0で勝利した。今季公式戦初のベンチ入りとなった香川は62分に途中出場した。

クラブ・ブルージュ 0ー1 ドルトムント

ホームの大声援を受けるブルージュが序盤から攻勢に出る。まずは12分、ヴリーティンクが右サイドを駆け上がり中へ折り返すと、ゴール前のヴォッセンが頭で合わせるが、ボールはニアサイド外側のネットに当たってしまう。

続く20分、再びヴォッセンがペナルティーエリア内からゴールを目指すも、カバーリングに入ったロイスにスライディングでクリアされた。

苦戦を強いられるドルトムントも29分、ゲッツェが遠めの位置から強引に狙ったものの、ボールに力はなく、GKに難なくキャッチされている。

© imago

6割超えのポゼッション率を記録しつつも効果的な攻めを構築できず、逆にブルージュのカウンターを浴びるドルトムントは62分、ゲッツェに替えて香川を投入する。

79分にはその香川が左からファーサイドへセンタリング。右をオーバーラップしてきたピシュチェクがこれに飛び込んだが、ボナベンチャーがしっかりと寄せていたため、うまく合わせることができなかった。

© gettyimages / JOHN THYS

すると85分、ダフートのスルーパスがこぼれたところをミトロビッチがクリア。しかし、ここにつめていたプリシッチの足に当たり、ボールは弧を描きながらGKを飛び越え、そのままネットを揺らす。

この土壇場のゴールが決勝点となり、ドルトムントの今季CLは白星発進となった。

© gettyimages / JOHN THYS

【得点】

クラブ・ブルージュ:なし
ドルトムント:プリシッチ(85分)

【ラインナップ】

クラブ・ブルージュ(4ー4ー2)
レティツァ;プラン、ミトロビッチ、リッツ、デンスヴィル;ヴリーティンク(56分 クールス)、フォルメル、ダンジュマ(76分 ボナベンチャー)、ファナーケン;ウェズレイ、ヴォッセン(82分 オペンダ)

ドルトムント(4ー2ー3ー1)
ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ、ディアロ、シュメルツァー;ヴィツェル、ヴァイグル(84分 ダフート);ヴォルフ、ゲッツェ(62分 香川)、サンチョ(69分 プリシッチ);ロイス