Summary

  • ブンデスリーガ第8節、ドルトムント対ライプツィヒ
  • 出場機会がなかった香川の試合後のコメント

ブンデスリーガ第8節が10月14日に行われ、香川真司所属のドルトムントはホームでライプツィヒに2ー3で競り負けた。この日は出場機会がなかった香川が試合後にコメントを残した。

ーーやられましたね。

香川 完敗じゃないですか。

ーー相手に嫌なところを突かれました。

香川 相手のほうが圧力をかけて試合を支配していたし、(ドルトムントは)4ー4ー2に対してうまく対処できていなかった。あれだけ前から来られてボールの収まりどころがなかったし、セカンドボールでもすべて負けていたと思う。

ーー「自分が出ていれば」と思う展開だったのでは?

香川 結果論なので何を言っても仕方がないですし、出ないと何とも言えない部分もある。そこの悔しさはありますけど、切り替えてやるしかないかなと思います。

ーー(ソクラティスの)退場がなかったら後半の流れは変わっていた?

香川 相手は前半から来ていたので、後半に必ず落ちるだろうと思っていました。前半はああいう展開になりましたけど、後半は必ず空いてくる、そして自分が出たら(こういうプレーをしよう)というのは意識していました。でも(後半の)早い時間帯でPKと退場があって……。なかなか試合をコントロールしづらかったのかなと。

ーーチームは今季リーグ戦初黒星です。切り替えが必要なのでは?

香川 すぐにCLがあるし、今はCLのほうが大事。中2日でアウェーなのでしっかり切り替えてやっていく必要がある。リーグ戦においては、相手にこういう戦い方をされた時に課題が生まれた。乗り越えていかないといけない課題だと思う。ただ、自分たちのスタイルは変わらないし、こういう戦い方の中でも徹底して自分たちのサッカーができるよう、もっともっと(スタイルを)確立していかないといけない。

ーーボールを持たずにゲームを支配するライプツィヒのスタイルをどう思いますか?

香川 去年からチームとしての形ができていたし、選手の距離感や戦い方は統一されているなと。すごくいいチームだと感じますし、去年あれだけ力を発揮できたのも偶然ではないのかなと。それだけのサッカーをしているなと感じました。こういう激しい戦いの中でどう勝っていくかという意味では、外から見ていてすごく勉強になった。いろんなことを考えながら見ていましたね。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Jan Huebner

ーー今日のようなコンパクトな状況で自分が入ったらどうプレーするかというイメージはありましたか?

香川 4ー4ー2の2トップ、両サイドハーフ、2ボランチが結構前に来ていましたけど、2ボランチは決して守備的な選手じゃないから、どこかで必ずギャップが生まれてくる。そういうちょっとしたスペースをうまく突ければ良かったと思うし、そこにうまくボールを呼び込めれば、かわせた部分はあったと思う。実際にそこで(ボールを)受けられた時は攻撃がうまくいっていましたから。特に左サイドに関しては前半から「行けるな」と見ていたので、そこを見抜ければ良かったですけどね。厳しいプレッシャーの中でもしっかりと対処できる選手はいますから。

ーー今までにない展開で慌てる部分もあったのでは?

香川 最初の10分、15分は相手がすごく勢いに乗って来ていたので、そこでちょっと出鼻をくじかれた感じはあった。先制点を取った後も、相手は落ちなかったですから。(相手が落ちてくる)20分、30分まではシンプルにボールを蹴って、そこからスタートするというやり方ても良かったと思いますけど、つなぎたい選手もいてそこの意思統一がバラバラになっていたかなと。時には割り切ったサッカーも必要だと思います。

ーーもっと意思統一が必要?

香川 そうですね……。ただ、考えすぎても仕方がないですし、何をやるべきかは一人ひとり、こういう試合を経験しながら得ていくものだと思うので。ただ、監督はどんな相手だろうと、自分たちのスタイル、自分たちのやりたいことを徹底しているので、選手はそれを思い切ってやらないといけない。個人としては、どんな相手だろうと常にいい準備をしていくことが大事だと思う。代表戦明けということで、なかなか切り替えの難しさはありましたけど、次に同じようなことがあった時にしっかりやれるよう準備したいと思います。

ーー来年のW杯を見据えると、今日のようなインテンシティの高い相手ともっとやりたいのでは?

香川 そうですね。こういうプレスが連動していて激しい相手とやることは自分のレベルアップにもつながる。今日は外から見ていても本当にレベルの高い相手だなと思ったので、こういう中で自分もやりたかったというのはありますね。