Summary

  • ドルトムントが開幕からキープしていた首位の座を明け渡す
  • 次節はホームでバイエルンとの首位攻防戦
  • 鉄壁の守りが崩壊。守備陣の立て直しが急務

開幕から首位を守り続けてきたドルトムントが、ついにその座をバイエルン・ミュンヘンに明け渡した。第7節まで6勝1分けと完璧なスタートを切りながら直近3試合は1分け2敗。バイエルンとの“デア・クラシカー”を目前に控え、チームの立て直しを迫られている。

ハノーファーの戦術に手をこまねいた90分間

28日に行われた第10節のハノーファー戦では、常に相手にリードを許す苦しい展開を強いられた。後半の立ち上がりに一度は2ー2の同点に追いついたものの、59分にダンアクセル・ザガドゥが退場。その後に2点を追加されて2ー4の完敗を喫した。

GKロマン・ビュルキは手痛い敗戦をこう振り返る。「ハノーファーのメンタリティにうまく対応できなかった。僕らはあまりにも弱腰で、アグレッシブさを欠いていた。それが90分を通して続いてしまった」

この日のハノーファーは“ドルトムント対策”として3バックシステムを採用。2トップの後方には、トップ下でのプレーはユース時代以来だというフェリックス・クラウスを配置した。この意表を突く布陣にドルトムントは立ち上がりから苦しんだ。いつものように高いポジションを維持しながら相手にプレッシャーをかけにいったが、ロングボールを多用するハノーファーの攻撃にうまく対応できず、イフラス・ベブーとクラウスに再三裏のスペースを突かれた。

ペーター・ボス監督は敗因をこう分析する。「絶えずラインの裏を狙ってきた相手に対応できなかった。今日はラインを上げることができなかった。ハノーファーのほうが高い位置を取っていたぐらいだ」

© gettyimages

チーム全体での守備の見直しが急務

第7節までわずか2失点だった守備陣は、直近3試合で9失点。キャプテンのマーセル・シュメルツァーは、「なぜ負けたのか説明するのは難しい。まずは(試合を)分析して話し合ってみないと。大きなダメージを受けた」と敗戦のショックを隠し切れずにいたが、大一番を前に守備の立て直しは急務だ。

ビュルキはチーム全体で守備を見直す必要性を説く。「守備は前線から始まる。(そこが機能せず)最終ラインの裏に次々とロングボールを放り込まれた。失点を重ねた原因はここにある」

敗戦の中にもポジティブな要素

ただし、ハノーファー戦では悪い面ばかりが出たわけではない。ようやく本職のセンターバックで起用されたザガドゥが期待された役割を全う。退場処分によってポジティブな印象は霞んでしまったが、27分には記念すべきブンデスリーガ初ゴールも記録した。

シュート数が今季最少の9本にとどまった攻撃陣も、数的不利の状況で4本のシュートを放つなど、苦しい状況の中で“地力”のあるところを見せた。11月1日に行われた欧州チャンピオンズリーグのアポエル戦ではまだ本来の姿を取り戻せたとは言い難い内容だったが、ボス監督はバイエルンとの天王山までに軌道修正を図ることができるだろうか。

© gettyimages