Summary

  • バイエルンはブンデスリーガ第13節でマインツに勝利
  • 選手たちはアンチェロッティ監督のシステム変更を歓迎
  • バイエルンはすでにCL決勝トーナメント進出を決めている

12月6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ最終節で、バイエルン・ミュンヘンがアトレティコ・マドリード(スペイン)に雪辱を果たした。グループDはすでにアトレティコの首位通過が決まっていたが、敵地で敗れていた相手にきっちりとリベンジを果たすあたりにバイエルンの王者としての風格が垣間見えた。

バイエルンはブンデスリーガ第13節のマインツ戦でも洗練されたパフォーマンスを見せつけて3ー1で勝利。失いかけていた自信を確実に取り戻しつつある。マインツ戦で1ゴール1アシストを記録したアリエン・ロッベンは、「僕らはここ数週間で欠けていた躍動感や意外性を見せることができた」と試合を振り返っている。この勝利を喜んだのはロッベンだけではない。トーマス・ミュラーも「今日は本当に楽しかった」と興奮した様子を隠さなかった。「監督がシステムを変えると言った時はうれしかった。自分が好むポジションでのプレーだったから、しっかり役割をこなさなければならないというプレッシャーもあったけどね」

カルロ・アンチェロッティ監督はマインツ戦でシステムを4ー3ー3から4ー2ー3ー1に変更。トップ下に入ったミュラーがアンチェロッティ体制下で最も納得のいくパフォーマンスを見せた。そのミュラーの前方に位置し、最前線でプレーしたロベルト・レバンドフスキもまた、システム変更によって躍動。ミュラーのサポートと両サイドのロッベン、フランク・リベリから供給される“弾薬”を得たエースは、ゴール前で冷酷なほど効率的に2ゴールを奪ってみせた。

© gettyimages / Alex Grimm

「このシステムでは攻撃的なフットボールをするチャンスが増えるだろう」。4試合ぶりにゴールを挙げたレバンドフスキはそう言って手応えを語った。「中盤が活発になったことでうまくいった。僕にとってはトーマスが後ろにいるのは重要なことだよ。彼にとっても深い位置から飛び出せるからいいだろうね」

ユップ・ハインケスの下で2012/13シーズンに3冠を成し遂げたバイエルンは、ジョゼップ・グアルディオラのエッセンスによって史上初のリーグ5連覇を達成、アンチェロッティの手腕によって再び洗練された。風格を取り戻した王者は、ウォルフスブルク戦、ダルムシュタット戦を経て、第16節に快進撃を続ける首位ライプツィヒと激突する。

「ライプツィヒは終盤まで上位にとどまっているだろう」。監督として21年も経験を積んできたアンチェロッティはそう断言する。「だが、重要なのはシーズンの終わりにトップに立ち、タイトルを勝ち取ることだ」。ブンデスリーガ制覇は通算25回。指揮官の言葉の意味を最も理解しているのは、他でもないバイエルンだろう。