新戦力ながら開幕戦でいきなり結果を出した(左から)トリッソ、アリ、レッキー
新戦力ながら開幕戦でいきなり結果を出した(左から)トリッソ、アリ、レッキー
ブンデスリーガ

開幕節の注目トピックス5選

ついに開幕した2017/18シーズンのブンデスリーガは、優勝候補筆頭のバイエルン・ミュンヘン、対抗馬のドルトムントがそろって快勝スタート。昇格組ではシュトゥットガルトが敗れ、ハノーファーが勝利と明暗が分かれた。新監督が初陣を飾ったチームもあれば、予想外のアクシデントに泣かされたチームも……。開幕節の5つのトピックスを紹介する。

1)新戦力が大活躍

開幕節では多くの新戦力が上出来のデビューを飾った。バイエルンではゼバスティアン・ルディのアシストからニクラス・ズューレが今季ブンデスリーガ第1号ゴールと、ホッフェンハイムから加入の二人が活躍。フランスからやって来たコランタン・トリッソも追加点を挙げた。ヘルタ・ベルリンではマシュー・レッキーがドッペルパックを達成。インゴルシュタットでは必ずしも点取り屋ではなかった26歳が2ー0勝利の立役者となった。シャルケではアミーヌ・アリが持ち味のスピードと器用さを発揮。チーム2点目をアシストして昨季2位のライプツィヒから勝ち点3をもぎ取る原動力となった。

- © imago / Sven Simon
- © gettyimages
- © imago / Michael Schwarz
- © gettyimages
- © gettyimages