Summary

  • ブンデスリーガ第1節、フライブルク対アイントラハト・フランクフルト
  • フランクフルトは昨季からアウェーゲーム7連敗中
  • 鎌田大地のブンデスリーガデビューなるか?

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトの新シーズンはフライブルクとのアウェーゲームで幕を開ける。後半戦の大失速で11位に終わったフランクフルトはスタートダッシュに成功して昨季の悪い流れを断ち切れるか。長谷部は3バックの中央で先発予想。サガン鳥栖から加入した鎌田のブンデスリーガデビューも期待される。

対戦データ&トリビア

  • フライブルクは1993年の初昇格から今季でブンデスリーガ18シーズン目。対するフランクフルトは19シーズン目を迎える
  • 昨季前半戦終了時点で6位フランクフルトと9位フライブルクの勝ち点差は「6」あったが、後半戦で両者の立ち場は逆転。最終的に7位フライブルクと11位フランクフルトの勝ち点差は「6」だった
  • フランクフルトが昨季後半戦で稼いだ勝ち点はわずか「13」でリーグワーストの成績だった
  • フランクフルトはクラブワーストのアウェー7連敗中
  • フライブルクは昨季のホームゲームでアウェーの倍にあたる勝ち点「32」を稼いだ
  • フランクフルトは2007年以来、開幕戦で白星と黒星を交互に繰り返している。昨季はシャルケ相手に白星スタート。この流れが変わらなければ今回は……
  • フライブルクが開幕戦で勝利したのは2001年が最後。その後は9試合白星がない
  • フランクフルトは対フライブルク戦最近7試合でわずか1勝。ただし、その1勝は2014/15シーズンの開幕戦だった(1ー0で勝利)
  • フランクフルトのニコ・コバチ監督は現役時代、対フライブルク戦で7勝3分けと負け知らず。ただし監督としては2戦2敗
  • フライブルクのマークオリバー・ケンプフ、アレクサンダー・イグニョフスキ、パトリック・クラントにとっては古巣対戦

© imago / Heuberger

予想ラインナップ

フライブルク(3ー4ー3)
シュボロー;ラインハート、シュスター、ケンプフ;シュテンツェル、へーフラー、フランツ、ギュンター;ニーダーレヒナー、ペーターセン、ハーベラー

アイントラハト・フランクフルト(3-1ー4-2)
フラデツキー、アブラハム、長谷部、サルセド;フェルナンデス;チャンドラー、デグズマン、ガチノビッチ、ウィレムス;ハラー、ルゴタ