テデスコ監督に率いられ、今シーズンのCL出場を決めたシャルケ - © imago / HMB-Media
テデスコ監督に率いられ、今シーズンのCL出場を決めたシャルケ - © imago / HMB-Media
ブンデスリーガ

開幕チェック(6):シャルケ編

長いプレシーズンも間もなく終了し、8月24日には2018/19シーズンのブンデスリーガがついに開幕の時を迎える。そこで当サイトは、夏季準備期間の様子から各クラブの現状について分析した。 第6回は、昨シーズン2位に輝いたシャルケを紹介する。

【所属選手】

レオン・ゴレツカとティロ・ケーラーという昨季のレギュラーが、それぞれバイエルン・ミュンヘンとパリ・サンジェルマン(フランス)へ旅立ち、生え抜きのマックス・マイヤーも契約満了で退団した。しかしアイントラハト・フランクフルトから守備的MFオマル・マスカレル、マインツからスアト・セルダル、ホッフェンハイムからマーク・ウト、ハノーファーからサリフ・サネを獲得するなど、戦力の充実を図っている。その上、ハムザ・メンディルやスティーブン・スクジブスキなど、レギュラーと遜色のないバックアッパーも加わり、各ポジションにトップクラスのプレーヤーが2人以上名を連ねるほどの選手層となった。

- © imago / DeFodi
- © gettyimages / Patrik Stollarz
- © imago / Team 2
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA