ヨビッチとミュラーは今夏プレシーズンで結果を残し、レギュラー争いに名乗りをあげている - © © imago / Eibner
ヨビッチとミュラーは今夏プレシーズンで結果を残し、レギュラー争いに名乗りをあげている - © © imago / Eibner
ブンデスリーガ

開幕チェック(4):フランクフルト編

長いプレシーズンも間もなく終了し、8月24日には2018/19シーズンのブンデスリーガがついに開幕の時を迎える。そこで当サイトは、夏季準備期間の様子から各クラブの現状について分析した。第4回は、長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトを紹介する。

【所属選手】

欧州のビッグクラブから多数のオファーもあったとされるクロアチア代表アンテ・レビッチとの契約を2022年まで延長し、チームに引き留めることができたのは、フランクフルトにとって最大の吉報だ。しかし守護神ルーカス・フラデツキーをはじめ、昨季の主力ケビンプリンス・ボアテングやマリウス・ウォルフ、さらにオマル・マスカレルもチームを去ってしまった。ニコライ・ミュラー、フィリップ・コスティッチなど、ブンデスリーガでの経験豊富な新戦力がどれだけパフォーマンスを発揮できるかが、今季の成績に大きく影響するかもしれない。

- © gettyimages / Tobias Schwarz / AFP
- © gettyimages / Christoph Koepsel
- © gettyimages / Alex Grimm
- © DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA