Summary

  • 最新の日本代表メンバーにブンデスリーガから7名選出
  • 日本は31日にオーストラリア、9月5日にサウジアラビアと対戦
  • オーストラリアに勝てばロシアW杯出場が決まる

日本サッカー協会は8月24日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のオーストラリア戦(H)とサウジアラビア戦(A)に臨む日本代表メンバー27名を発表した。

招集メンバーに名を連ねたブンデスリーガ所属選手は7名。酒井高徳(ハンブルガーSV)、香川真司(ドルトムント)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、大迫勇也(ケルン)が順当に選出されたほか、右ひざの故障が癒えた主将の長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)、クラブで好調を維持する武藤嘉紀(マインツ)も約1年ぶりのメンバー入りを果たした。

© gettyimages / Alex Grimm

最終予選8試合を終えてグループBの首位(5勝2分け1敗:勝ち点17)に立つ日本は、8月31日に同3位のオーストラリアと、9月5日には同2位のサウジアラビアと対戦。ホームで行われる31日のオーストラリア戦に勝利すれば6大会連続6回目のW杯出場が決まる。

今回の日本代表メンバーは以下のとおり。

GK
川島永嗣(FCメス/フランス)
東口順昭(ガンバ大阪)
中村航輔(柏レイソル)

DF
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハンブルガーSV)
長友佑都(インテル/イタリア)
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
昌子源(鹿島アントラーズ)
植田直通(鹿島アントラーズ)
三浦弦太(ガンバ大阪)

MF
長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)
山口蛍(セレッソ大阪)
井手口陽介(ガンバ大阪)
高萩洋次郎(FC東京)
小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
香川真司(ドルトムント)

FW
浅野拓磨(シュトゥットガルト)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
本田圭佑(パチューカ/メキシコ)
乾貴士(エイバル/スペイン)
武藤嘉紀(マインツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン)
岡崎慎司(レスター/イングランド)
杉本健勇(セレッソ大阪)
大迫勇也(ケルン)