Summary

  • 長谷部と鎌田が所属するフランクフルト、昨夏ファレットを緊急補強
  • 主力に定着し今季リーグ戦27試合中23試合に出場
  • 当サイト独語版の独占インタビューを紹介

カルロス・サルセドの負傷離脱により、今季開幕直前に長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトはシモン・ファレットを緊急補強した。しかしここまで同選手はリーグ戦27試合中23試合に出場し、主力に定着。屈強な肉体を武器に、相手の攻撃をことごとく遮断している。

当サイト独語版はそんなファレットとの独占インタビューを行い、ブンデスリーガやチームの様子などについて語ってもらった。

――あなたはドイツへ来てから素晴らしい時間を過ごしています。7カ月前にフランクフルトへ来た時、このことを予想できていましたか?

ファレット フランスにいた時からブンデスリーガの試合を見ていましたし、攻撃的でスペクタクルなこのリーグでプレーしたいと思っていました。出場機会も十分与えられていますし、このチームに来て正解でした。フランクフルトから初めてコンタクトがあった時、すぐにでも行きたいと思ったんです。もちろんニコ・コバチ監督が素晴らしい仕事をしていることも分かっていましたからね。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Johannes Simon

――チームは今季、波に乗っています。

ファレット とにかくチームスピリットが素晴らしいんです。確かにフランクフルトの選手は、いくつもの異なった国籍から構成されています。しかしながら雰囲気が最高なんです。誰もが高いモチベーションを持ち、何か大きなことを成し遂げたいと考えています。異なる文化が混在していることこそ、我々の最大の長所なのではないでしょうか。

――チームメートとの関係を具体的に教えてください。またコミュニケーションはどのように取っているのですか?

ファレット 我々はよく一緒に食事へ出かけますね。最近も10~12人くらいで集まって街中に行きましたが、本当に楽しいんです。コミュニケーションは大抵英語ですね。その次にスペイン語かイタリア語でしょうか。

――コバチ監督の仕事ぶりはどうですか?

ファレット まず、監督は仕事を愛しており、いつどんな時も彼からそう感じます。そして卓越した戦術家でもあります。規律や勤勉であることを大切にしていて、コーチであり弟でもあるロベルトと素晴らしいコンビを組んでいますね。彼らがいたからこそ、私も成長できました。修正点を教えてくれて、弱点を直してくれる指導者です。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA / Simon Hofmann

――ブンデスリーガのレベルについてはいかがですか?

ファレット とりわけインテンシティが非常に高いですね。私がプレーしていたリーグ・アンのはるか上です。片方のゴール前から別のゴールまでボールが運ばれるのも、恐ろしくスピーディーです。

――では、ブンデスリーガのファンのことも聞きましょう。

ファレット 私はフランクフルトでのことしか判断できませんが、このような情熱的なファンはいまだかつて経験したことがありません。隔週であるアウェーゲームでも、彼らは大挙して応援に駆け付けてくれます。もはや“12人目の選手”という表現では足らないでしょう。今、我々が順位表の上のほうにいられるのも、ファンのおかげです。

© gettyimages / Matthias Hangst/Bongarts

――インターナショナルウィーク終了後の一発目はブレーメン戦です。

ファレット 気を抜かずに戦わなければなりません。前半戦では終了間際のゴールで我々が2ー1の勝利となりましたが、その時点でブレーメンの強さは感じていましたし、直近7試合で5勝しているなど、残留争いから抜け出しつつあります。順位表の上位3分の1をキープするため、勝ち点3を目指して戦うほかありません。

――今季も残りわずかです。あなたがたの目標は何でしょうか?

ファレット 最も重要な目標だったブンデスリーガ残留は、すでに達成しています。そうなった今、欧州リーグ(EL)参戦を狙っていますし、それ以上の大会に出場する権利を得られたら、本当に夢のようです。残りの7試合で、できるだけ多くの成功を収められるように戦っていきたいですね。レーバークーゼン、そしてバイエルン・ミュンヘンとのアウェーゲームは、我々にとって素晴らしい挑戦となるでしょう。