Summary

  • 長谷部と鎌田のフランクフルト、2選手が負傷
  • レビッチがふくらはぎ肉離れ、約4週間の離脱
  • ルスも足の甲を打撲、次節は出場可能か

長谷部誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトは4月2日、アンテ・レビッチとマーコ・ルスが負傷したことを発表した。
※ブレーメン対フランクフルトのマッチレポートはこちら
※ブレーメン対フランクフルトの長谷部コメントはこちら

レビッチとルスは1日に行われたブンデスリーガ第28節最終日、敵地でのブレーメン戦に先発出場。しかしレビッチは前半途中の39分に、ルスは76分に、それぞれ交代でベンチに退いた。

検査の結果、レビッチはふくらはぎの肉離れを負っていることが分かり、約4週間の離脱が決まった。一方のルスは、足の甲を打撲しているものの、次節ホッフェンハイム戦には出場可能な見通しだという。

フランクフルトは現在13勝9敗6分で6位に位置している。