長谷部は今季残りのリーグ戦は出場停止だが、フランクフルトはDFB杯で勝ち上がっており、決勝のバイエルン戦は出場可能 - © © imago / Sven Simon
長谷部は今季残りのリーグ戦は出場停止だが、フランクフルトはDFB杯で勝ち上がっており、決勝のバイエルン戦は出場可能 - © © imago / Sven Simon
ブンデスリーガ

長谷部「僕の今シーズンはまだ終わっていない」

アイントラハト・フランクフルトの長谷部誠はブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦(4月21日)で退場処分を受け、1試合の執行猶予を含む4試合の出場停止となった。これで今季残りのリーグ戦は出場できないが、ドイツサッカー連盟カップ(DFB杯)にはこの処分が適用されないため、5月19日に開催されるバイエルン・ミュンヘンとの決勝には出場可能となっている。同選手に現在の心境や今季ここまでのクラブの状況、恩師ニコ・コバチ監督について聞いた。 ※このインタビューは4月25日に行いました

ーー長谷部選手は残りのリーグ戦は出場停止となりますが、チームにどのようなことを期待しますか?

長谷部 僕自身は残念ながら出場停止で、チームにも迷惑を掛けます。今シーズンはチームとしても個人としても、非常に良いシーズンを送ってきましたから、残りのリーグ戦に出られないのは個人的にも痛いです。僕に出来ることは限られていますが、チームの背中を押す気持ちではいます。

ーー昨季後半戦の失速ほどではないものの、今季もフランクフルトは終盤で苦戦しています。

長谷部 昨シーズンはけが人が多く、後半戦というよりも2月くらいから少し落ちてきた感覚があります。今シーズンはここに来て少しつまずいている部分はありますが、今は自分たちの真価が問われる時です。もちろん、シーズンを戦ってきた疲れなどもありますが、ここでしっかりと踏みとどまって、勝ち点を積み上げられるのかが、このチームがさらに上へ行くには大事なものだと思います。大事な時期なので、残りのリーグ戦はしっかりと戦い切りたいという思いはありますね。

- © imago / Jan Huebner
- © gettyimages / Alex Grimm
- © gettyimages / Christof Koepsel