Summary

・酒井のハンブルク、代表取締役を交代

・12月14日にバイヤースドルファー氏からブルッフハーゲン氏へバトンが渡る

・ブルッフハーゲン氏は昨シーズンまで長谷部のフランクフルトで代表を務めていた

酒井高徳の所属するハンブルガーSVが来たる12月14日に、トップを交代して新たなスタートを切る。

すでに同クラブ取締役会はディートマー・バイヤースドルファー代表をその座から下ろすことを内々に決定しており、昨季まで長谷部誠のアイントラハト・フランクフルトで会長を務めていたヘリバート・ブルッフハーゲン氏を後任に選ぶ予定だ。

ハンブルクのカール・ゲアナント取締役はこの決定について「我々は以前からこのテーマ、『誰がトップにふさわしいのか』について話し合ってきました。残念ながら、まだハンブルクは成功や安定とは程遠く、チームはあまり成長できませんでした。そのため我々の大多数は、次の機会にバイヤースドルファー代表取締役を交代させるという結論に至ったのです。しかしながら、我々はバイヤースドルファーのたゆまぬ努力と仕事に非常に感謝しています。いつもハンブルクのために全力を出してくれた彼には最大級のリスペクトを抱いています」とコメントしている。

© imago / Hartenfelser

またゲアナント取締役はブルッフハーゲン氏を招へいすることに関して「彼は取締役会での経験を豊富に持っています。彼の最初の任務は、マークス・ギスドル監督と一緒に素晴らしい仕事ができるスポーツディレクターを見つけてくることになるでしょう」と説明した。

代表取締役の座に就くことが内定しているブルッフハーゲン氏も、就任に前向きだ。

同氏は今回の人事について「ハンブルクのチーム状況は理解している。まずは、ブンデスリーガに残留することが目標であり、それを達成するため全力を尽くしていく。フランクフルトに別れを告げた時、まさかこうなるとはまったく予想していなかったが、今回『イエス』と返事することは、私にとって義務だった」と宣言している。