Summary

  • 酒井と伊藤所属のハンブルク、ハントが全体練習に復帰
  • ホルトビーも翌日に部分合流
  • 18歳の新鋭アープは風邪の影響により次節も欠場か

酒井高徳と伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは1月16日、足首の負傷により後半戦開幕節を欠場したアーロン・ハントがチーム練習に復帰したことを発表した。

また翌17日には、度重なるけがにより第9節バイエルン・ミュンヘン戦を最後に試合から遠ざかっていたルイス・ホルトビーがチーム練習への部分合流を果たした。しかし、風邪の影響で第18節に出場できなかった18歳の新鋭ヤンフィーテ・アープは、今なお体調が思わしくないため、次節も欠場する見込みであることも伝えられている。