Summary

  • フライブルクの有望株チャグラル・ソユンク
  • トルコ2部から昨夏にブンデスリーガに参戦
  • ブンデスリーガ1年目にして主力として活躍

フライブルクが昨夏にチャグラル・ソユンクを獲得した時、この若きトルコ人DFはまだあまり知られた存在ではなかった。しかし、ブンデスリーガでのデビューシーズンを終えた今、多くのファンが彼のプレーを知るようになった。

トルコ2部からブンデスリーガへ

ソユンクは19歳だった2015年にトルコ代表に初選出。2部所属のアルトゥノルドゥSKにとっては、クラブ創設78年にして初の代表選手輩出だった。ソユンクの才能は母国では早くから知られていた。そして2016年夏にトルコ2部からブンデスリーガに移籍した初めての選手としてフライブルクに加入した。

ソユンクは英語もドイツ語も話せないが、言語の難しさは彼とクラブにとって大きな問題にはなっていない。「ベストを尽くしているけど、正直に言ってドイツ語はものすごく難しい。外国語を勉強したことはなかったから今はまだ修得中だ。チームメートが一緒に何かをする時は、いつも電話がかかってきて僕も行きたいと思う。話を注意深く聞かなければならないけど、かなり理解はできている」フライブルクのクリスティアン・シュトライヒ監督も、「気にしていないよ。彼はフットボールで話すし、私も同様だ」と語っている。

とはいえ、ピッチの上では問題なくドイツのスタイルに移行できたわけではない。最初の数カ月は苦労も多く、第7節のホッフェンハイム戦と第11節のマインツ戦では相手にPKを与えている。ブンデスリーガの戦術に慣れなければならなかった。

© imago

デビューシーズンで注目すべき選手に

それでも、ソユンクの進歩にさほど時間はかからなかった。持って生まれたスピード(特に短い距離のスプリント)や試合を読む力、ほぼ完璧なタックル、そして変化を受け入れる広い心。フライブルクで最多のタックル数を誇り、空中戦を含む一対一ではほぼ無敵。また、守備から攻撃への切り替えでもキーマンと言うべき役割を果たすようになった。

ソユンクは自身の成長を楽しんでいる。フライブルクに加入して関心を持つようになった戦術についてはこう語っている。「ブンデスリーガでは頭を使うことを要求されるけれど、それは気に入っている。守備的な選手として、戦術について多くのことを学んだ。対戦前には戦術的な準備を熱心に行って、試合ではそれを実行に移すんだ。僕にとってはパズルのようなものだ。最初は指示が抽象的に感じるけど、最終的にはすべてが実用的な面を持つようになる。とても面白いと分かった」

ブンデスリーガのようなリーグにおいては、自分の仕事に全力を傾けることが重要だ。ただ一方で、若い選手にとっては過去を振り返ったり、リラックスしたりすることも必要になる。この1年で経験した新しい国、文化、ピッチ内外での生活……。ソユンクには振り返るべく出来事が山のようにある。そして、これまでの経験には「完全に圧倒されている」と話す。

「家にいて静かな時間を過ごしながら、過去6カ月に起きたことを振り返ってみる。少し誇らしい気持ちになる。テレビでしか見たことがなかったチームや選手と戦った。(ピエールエメリック)オバメヤンのような選手と対戦したっていうのは普通じゃないよね」

最初の印象というのは必ずしも完璧なものではない。人は時間が経てば成長する。ソユンクのブンデスリーガ1年目は、最初の出会いで人を判断してはならないという良い例だろう。今季、目覚ましい進歩を遂げたソユンクは、21歳という若さと素晴らしい心構えで来季も活躍を続けるだろう。