Summary

  • ドイツがサウジアラビアと親善試合を実施
  • ドイツにとってはW杯開幕前の最後のテストマッチ
  • 負傷中のボアテング、エジルを除くベストメンバーが出場予定

ロシア・ワールドカップの開幕を控えるドイツ代表が6月8日、レーバークーゼンでサウジアラビア代表と大会前最後のテストマッチを行う。ヨアヒム・レーフ監督はすでに6月4日に登録メンバー23人を発表。選手たちの状態を確認する上でも重要な一戦となる。

最新情報

レーフ監督は暫定メンバーの27人からベアント・レノ、ヨナタン・ター、レロイ・サネ、ニールス・ペーターセンの4選手を落選させた。サネとペーターセンは2日のオーストリア戦に先発していたが、指揮官を納得させるだけのパフォーマンスを示すことができなかったようだ。

大会前最後のテストマッチということで、サウジ戦はベストメンバーで挑むことが予想されるが、依然としてリハビリ中のジェローム・ボアテングは欠場。また、膝に問題を抱えるメスト・エジルの代役はレオン・ゴレツカが務めることになるだろう。一方、戦列復帰したばかりのマヌエル・ノイアーはオーストリア戦に続いてフル出場での調整が有力。欧州チャンピオンズリーグ決勝に出場した関係で4日にチームに合流したばかりのトニ・クロースも、この試合に先発して最終調整することになる。

6月14日の開幕戦でホスト国ロシアと対戦するサウジアラビアは、大会前の準備期間を最高の状態で終えたいところ。親善試合ではアルジェリアとギリシャに勝利を収めた後、イタリアとペルーに敗れたが、すでにヨーロッパで6試合をこなしているためコンディションは良好のようだ。

予想ラインナップ

ドイツ(4ー2ー3ー1)
ノイアー;キミッヒ、ズューレ、フメルス、ヘクター;クロース、ケディラ;ミュラー、ゴレツカ、ロイス;ウェアナー

サウジアラビア(4ー2ー3ー1)
アル・モサイレム;アル・シャハラニ、オサマ・ハウサウィ、オマル・ハウサウィ、アル・ハルビ;アル・ハイバリ、アル・ファラジ;アル・ムワラッド、アル・ジャジム、アル・シェフリ;アル・サハラウィ

関連データ

  • ドイツのノイアーは2日のオーストリア戦で2016年10月の北アイルランド戦以来となる代表戦出場を果たした
  • 同じくマーコ・ロイスも2016年3月のイングランド戦以来の代表戦出場を果たしている
  • ドイツはこれまでサウジアラビア相手に3戦3勝。3試合の合計スコアは17ー0と圧倒している
  • ドイツは現在FIFA世界ランキング1位。W杯連覇を狙う
  • サウジアラビアのモハメド・アル・サハラウィはアジア予選でチーム最多の16得点を挙げている

© imago