親善試合イングランド戦で劣勢に立たされたドイツだったが、この試合で代表引退のポドルスキが決勝弾をマーク - © © gettyimages / Lars Baron
親善試合イングランド戦で劣勢に立たされたドイツだったが、この試合で代表引退のポドルスキが決勝弾をマーク - © © gettyimages / Lars Baron
ブンデスリーガ

代表引退ポドルスキが決勝弾、親善試合イングランド戦

3月22日、国際親善試合ドイツ対イングランドがドルトムントで行われ、ドイツが1ー0で勝利した。なお、これが出場130試合の節目となるルーカス・ポドルスキが、代表では初のキャプテンマークを巻き、ドイツ代表ラストマッチを自らの決勝点で飾っている。

ドイツ 1ー0 イングランド

前線にウェアナー、ブラント、サネという若手を起用したドイツだが、試合の主導権を握れず、チャンスを作り出すのはイングランドだった。

まずは7分、バートランドが蹴った左CKをゴール前のキーンが合わせたが、ボールはクロスバーの上へ越えてしまう。

さらに31分、ハーフウェーライン付近でキミッヒがリューディガーに横パスを出すが、これが短く、ララーナがインターセプト。自ら縦に運び、ペナルティーエリア左へ進入したところでシュートを放つも、右ポストを直撃した。

ドイツも37分、左のサネが中のポドルスキへ預けると、ポドルスキはワントラップからミドルシュート。しかし押さえることができず、ボールは枠の上へ大きく外れてしまった。

41分には、自陣でまたしてもキミッヒがボールを失い、バーディーを経由してアリへ。GKと1対1の場面を迎えたが、負傷欠場ノイアーの代役を務めたテアシュテーゲンが、胸でブロックしている。

- © gettyimages / Lars Baron
- © gettyimages / Shaun Botterill