Summary

  • 35歳ながらトップレベルを維持するシャルケのナルド
  • リーグトップの対人勝率と高い得点力を誇る
  • ブンデスリーガ第4節で古巣のブレーメンと対戦

9月16日に開催されるブンデスリーガ第4節で、シャルケのDFナルドが古巣ブレーメンに帰還する。35歳を迎えてなおリーグ屈指のセンターバックに数えられるナルドは、2005年から2012年まで7シーズンにわたってブレーメンに在籍。バイエルン・ミュンヘンの対抗馬として常に上位争いに絡んでいた当時を知るサポーターにとっては、強く印象に残っている選手の一人だろう。

リーグナンバーワンの得点力を備えたDF

2005年夏、バレリアン・イスマエルの後釜として22歳のナルドがブレーメンにやって来た当時、彼を詳しく知る者は皆無に等しかった。反対にナルドにとってもブレーメンは見知らぬ土地。同じブラジル人のジュニオール・バイアーノとグスタボ・ネリから情報を集めていたが、2人はブレーメンでは散々な結果しか残せずに退団した選手である。

新たな環境への適応が不安視される中、ナルドはそんな周囲の心配をよそにすぐにチームに溶け込む。ブレーメンではブンデスリーガ通算173試合に出場して22ゴールをマーク。ストライカー顔負けの高い得点力で一気に名を上げていった。長身を生かしたヘディングシュートはもちろん、強烈な無回転FKも得意とし、シーズンに5、6点取ることも珍しくなかった。その得点力は今なお健在でウォルフスブルクとシャルケでも計18ゴールを挙げている。

© DFL DEUTSCHE FUSSBALL LIGA

年齢だけでなく、競り合いの強さもリーグトップ

もちろん、本業の守備でも頼れる存在だ。長い間ブンデスリーガでプレーしてきたが、1試合平均の対人勝率は67%を記録。この数字は空中戦に限定するとさらに跳ね上がる。

第3節のシュトゥットガルト戦が行われた9月10日はちょうど35歳の誕生日だったが、この日もナルドは攻守に躍動。相手のシュートをゴールライン上でクリアしてチームの危機を救うと、1ー1で迎えた47分には頭で勝ち越しゴールを挙げて3ー1の勝利を呼び込んだ。

35歳という年齢は今季ブンデスリーガのピッチに立った選手の中では最年長。にもかかわらず、対人勝率はここまでリーグトップの80%を誇っている。いまだ第一線で活躍する衰え知らずのベテランは、古巣との対戦でも大いに存在感を発揮しそうだ。

© imago / Jan Huebner