(左から)重要なゴールを決めたフランクフルトのウォルフ、レーバークーゼンのフォラント、ハノーファーのフュルクルーク
(左から)重要なゴールを決めたフランクフルトのウォルフ、レーバークーゼンのフォラント、ハノーファーのフュルクルーク
ブンデスリーガ

第9節の注目トピックス5選

虎視眈々と指定席奪還を狙うバイエルン・ミュンヘンが、痛恨のドローゲームを演じた首位ドルトムントについに勝ち点で並んだ。一方、今季いまだ勝ち星がないケルンとブレーメンの一戦は両者スコアレスで引き分けという煮え切らない結果に。第9節の5つのトピックスを紹介する。

1)フランクフルトが大量シュートで応戦

前節のライプツィヒ戦で今季初黒星を喫したドルトムントが、CLアポエル戦でのドローを挟み、敵地でのアイントラハト・フランクフルト戦に臨んだ。19分にヌリ・シャヒンのゴールで先制すると、57分にはマクシミリアン・フィリップが追加点。この時点で3試合ぶりの勝ち点3は確実かと思われた。しかし、その後は両チームによる怒涛のシュート合戦がスタート。ドルトムントが13本、フランクフルトが12本のシュートを放ち、後半だけで25本ものシュートが乱れ飛んだ。このシュートの応酬で確実にチャンスをモノにしたのはフランクフルト。64分にPKで1点を返すと、その4分後にはマリウス・ウォルフが値千金の同点弾をマーク。最後は長谷部誠がシャヒンのシュートをゴールライン上でブロックし、首位チームから勝ち点1をもぎ取ることに成功した。

- © gettyimages / Matthias Hangst
- © gettyimages / John Macdougall
- © imago / Eibner
- © gettyimages / Dean Mouhtaropoulos