Summary

  • ブンデスリーガ第9節初日、フライブルク対ボルシアMG
  • フライブルクはホームでのボルシアMG戦において16年間無敗
  • ボルシアMGは、第8節終了時点としては31年ぶりの好成績

ブンデスリーガ第9節初日は10月26日に行われ、フライブルクは本拠地にボルシアMGを迎える。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・フライブルクが、ホームでボルシアMGに敗北したのは2002年3月23日(1ー0)で、16年前にまでさかのぼる。

・両チームの対戦成績を振り返ると、ホームに利がある。過去20回のフライブルク対ボルシアMGで、ホームのチームが負けたことがない。

・第8節終了後の時点で、ボルシアMGは5勝2分1敗で勝ち点17点を獲得。これはボルシアMGにとって31年ぶりの好成績。

・現在2位と、首位ドルトムントを追うボルシアMGだが、第8節終了後に2位に位置するのは4年ぶりのこと。

・フライブルクのロビン・コッホは前節のヘルタ戦にて、彼の33試合目の出場機会にブンデスリーガで3ゴール目を決めたが、父親であるハリー・コッホのブンデスリーガ初ゴールは、90試合目だった。ハリーは現役中、ブンデスリーガで17得点を記録した。

・ボルシアMGのゴール数トップは現在プレアで今季5得点。続くアザールとホフマンはそれぞれ4ゴールを決めている。

© gettyimages / Lars Baron / Bongarts

予想ラインナップ

フライブルク(4ー4ー2)
シュヴォロー;キュブラー、グルデ、ハインツ、ギュンター;コッホ、ヘフラー;フランツ、サライ;ハーベラー;ペーターゼン

ボルシアMG(4ー3ー2ー1)
ゾマー;ラング、ギンター、エルヴェディ、ヴェント;シュトローブル;ホフマン、ノイハウス;アザール、プレア;シュティンドル