Summary

  • ブンデスリーガ第8節2日目、レーバークーゼン対ハノーファー
  • ハノーファーは前節初勝利で最下位脱出
  • しかし敵地でのレーバークーゼン戦は10連敗中

ブンデスリーガ第8節2日目が10月20日に行われ、原口元気と浅野拓磨が所属するハノーファーは、敵地でレーバークーゼンと対戦する。この試合に関するデータ&トリビア、さらに予想ラインナップを紹介する。

対戦データ&トリビア

・第6節終了時で唯一勝ち星がなかったハノーファーだが、第7節でようやく今季初勝利。フォルトゥナ・デュッセルドルフシュトゥットガルトを上回り、最下位から16位へ浮上した。

・レーバークーゼンはハノーファー戦直近9試合で負けなし(7勝2分)。

・過去の対戦成績を振り返ると、ハノーファーのレーバークーゼン戦勝率はわずか14%。

・レーバークーゼンは本拠地でのハノーファー戦10連勝中。このうち8試合を無失点で終えている。

・ハノーファーが最後にレーバークーゼンの地で白星をもぎ取ったのは、2007年2月17日。

・両クラブは昨季最終節で激突し、レーバークーゼンが3ー2で勝利した。この試合レーバークーゼンは26本のシュートを放ち、ハイコー・ヘアリッヒ監督就任後では最多のシュート数を記録した。

・今季どちらも1対1勝率が低く、レーバークーゼンは49%、ハノーファーは48%。

・今季のポゼッション率はレーバークーゼンが47%と低い一方、ハノーファーは53%を記録している。

・レーバークーゼンのユリアン・ブラントは、昨季ハノーファー戦ホーム&アウェーどちらも1ゴールずつ決めた。

© gettyimages

予想ラインナップ

レーバークーゼン(4ー2ー3ー1)
フラデツキー;ヴァイザー、ター、S・ベンダー、ヴェンデル;コール、L・ベンダー;フォラント、ハフェルツ、ブラント;アラリオ

ハノーファー(3ー4ー1ー2)
エッサー;エレス、アントン、ヴィマー;ゾルク、シュヴェークラー、ワラシ、アルボルノス;浅野;ウッド、フュルクルーク