Summary

  • ブンデスリーガ第8節、シュトゥットガルト対ケルン
  • このカードでは19試合ホームチームが勝っていない
  • ケルン大迫は先発予想、浅野との日本人対決の実現は?

インターナショナル・ウィークが終わり、いよいよブンデスリーガが再開する。他のカードに先駆けて金曜夜に行われるのは、3試合勝利がなく14位まで後退したシュトゥットガルトといまだ勝ち点1で最下位に沈むケルンの一戦だ。リーグ再開初戦を白星で飾り、浮上のきっかけをつかむのは果たしてどちらか? 浅野拓磨と大迫勇也の日本人対決にも注目だ。

対戦データ&トリビア

  • 両チームの対戦では、ケルンがホームで勝利した2000年10月29日の一戦を最後に19試合連続でホームチームの勝ち星がない
  • シュトゥットガルトはケルンとのホームゲームで11戦未勝利
  • シュトゥットガルトがホームのケルン戦で最後に勝ったのは1996年9月で、この時は4ー0の大勝を収めている
  • ケルンはシュトゥットガルト戦で対戦相手別2位の35勝を挙げている(最多はシャルケ戦の36勝)
  • ケルンはシーズンをまたいでアウェーゲーム11試合未勝利
  • ケルンがアウェーで11試合も白星から遠ざかるのは、アウェー17試合で一度も勝てずに降格した2003/04シーズン以来(クラブ史上3度目)
  • ケルンは今季アウェーでノーゴール。対するシュトゥットガルトはホームで失点を許していない
  • シュトゥットガルトの本拠地メルセデス・ベンツ・アレーナでは今季3試合が行われているが、全スタジアムの中で最少の2ゴールしか生まれていない
  • シュトゥットガルトのジモン・テロッデは2009年から2011年までケルンに所属。定位置をつかむことができず、出場はわずか5試合、時間にして32分に限られた

© imago / Sportfoto Rudel

予想ラインナップ

シュトゥットガルト(3ー4ー2ー1)
ツィーラー;バウムガートル、バートシュトゥーバー、カミンスキ;ベック、パバール、アスカシバル、アオゴ;ドニス、ブレカロ;ギンツェック

ケルン(4ー3ー2ー1)
T・ホーン;クリュンター、ソーレンセン、ハインツ、ラウシュ;エズカン、レーマン、ヨイッチ;ビッテンクールト、ハントベルカー;大迫